旅館の若女将になる。

夕べ見た夢、妙にリアルな夢。

私は旅館の若女将になっていて、もちろん着物姿。
髪も藤あや子さんみたいになっていて、とっても素敵(笑)
そしてたくさんの帯が並べてあって
  イメージ画像
    ↓

b0099223_13522110.jpg

どれにしようかしらぁ~と選んでいました。
その選び方がハンパじゃなくて、一つ何十万もする帯を
ホイホイとスーパーのカゴに野菜を入れるように
「あ~これ頂くわ、これは似合わないからいらない。
こっちはなかなかいい柄ね~いただくわぁ~これもいただくわ~etc・・・」
こんな感じで20本くらいの帯を買っていました。

私の横では番頭さんみたいな人が「若女将、よくお似合いで~~」
とかドラマみたいに褒めてくれて。私ときたら「あら?そうかい?」なんて答えていて。


何で?
[PR]
by mianko-piano | 2006-10-21 13:57 | ひとりごと
<< うれしいこと 間違えた。 >>